組織紹介
右側のメニューもご覧下さい。
Screenshot_20211025-143606_edited.jpg
対馬地区漁業士会(会員29名)
会長   早田真治​
副会長 作元政志
​監事   岸川和寿、吉村亮嗣 
◆漁業士について!
 知事は、沿岸漁業を担うべき青年漁業者の育成や沿岸漁業の中心的役割を果たすことが期待され、地域で活躍している漁業者を「漁業士」として認定しています。

 本制度は、国の事業(旧漁業の担い手確保・育成対策総合推進事業)の一環として、昭和61年度からスタート。

 地域漁業等の中核的推進者となることが見込まれる45歳未満の者を青年漁業士、並びに、漁業技術、経営能力が優れており、かつ、漁村青少年の指導に熱意を有する45歳以上70歳未満の者を指導漁業士としています。

 現在、全国で2千人以上が、本県では令和3年4月1日現在、165名(指導118名、青年47名)が認定されています。
事務局
対馬振興局対馬水産業普及指導センター  

TEL 0920-52-6248  FAX 0920-52-3114
E-mail  s14032@pref.nagasaki.lg.jp
 漁業士は、県内7地区(県央、県南、県北、下五島、上五島、壱岐、対馬)に分かれた地区漁業士会に所属。

​ 各地区では、新漁具・漁法の導入や県内外研修会の参加、魚食普及を目的とする水産教室の開催等、地域活動に取組んでいます。
会員紹介
下記の映像をクリックするとYouTubeサイトで動画がご覧になれます。
SnapCrab_%E6%96%B0%E8%A6%8F%E3%83%97%E3%
早田真路会長
赤木正男指導漁業士
惣島博幸指導漁業士
惣島博幸指導漁業士
まぐろ養殖筏餌やりサムネイル.JPG
吉村亮嗣青年漁業士
森芳房青年漁業士
惣島博幸指導漁業士
(阿比留辰徳青年漁業士
福岡イベント動画サムネイル.JPG
阿比留、吉村、小宮、新井及び早田漁業士
農林水産省1.JPG
水産庁1.JPG
SnapCrab_NoName_2018-10-28_6-15-37_No-00