IMG_0249_edited_edited.jpg
ここ国境の島「対馬」がぼくたちの島、わたしたちの町です。
本会では、地域漁業のリーダーが集まる団体として視察研修、学習会、地域イベント等を積極的に実施しています。
        【HPの更新状況】
           
更新部分はアンダーライン表示。
今後の活動」

「活動実績」
(令和4年度)
R4.7.14  

R4.7.1 対馬地区漁業士会総会、学習会​
R4.6.2 対馬地区漁業士会役員会

R4.5.30 漁業士認定授与式(谷本、内山)
R4.5.18 取材(江川、ヨコワ種苗採捕)
R4.5.11 取材(西川、ヨコワ種苗採捕)
​R4.4.23 取材(串﨑、イカ釣)
​R4.4.11 取材(西川、サバ漕ぎ)
R4.4.8 会計監査(岸川、吉村亮)


(令和3年度)
R4.3.15 協議会,学習会(中止)​
R4.3.7  取材(東、アマダイ調査)
R4.1.27    とれたて!ごっくん対馬 撮影
R4.1.12   神社、寺社での大漁、無病息災祈祷祭

R3.12.14 水産教室(上対馬高校、早田)
R3.11.28 アイランダー2021(空港フェアライブ)
R3.11.26 対馬やまねこ空港フェアを共催 
R3.11.21 アイランダー2021に参加(魚捌き実演)
R3.11.16 離島地区会議(新上五島町、扇、新井)
R3.9.27  水産業大賞で県知事賞受賞(串崎) 

令和4月5月30日 漁業士認定授与式
 
時間  11:30~12:00
 場所  長崎県庁特別応接室
 出席者 令和3年度指導漁業士4名
             青年漁業士2名
      なお、本会員は谷本孝浩、内山洋二、
      原田昌昭が指導漁業士として認定。 

令和4月1月27日 とれたて!ごっくん対馬撮影
 対馬市より一般家庭における魚料理の紹介を依頼されたことから、市内のスーパー等で購入できるお勧めの魚を料理しました。
 11㎏の大きなブリは魚捌き方法のデモンストレーション用とし、旬な魚としてウスバハギ、廉価なマトウダイを準備しました。
 お品書きは、寒ブリ刺身、ブリ大根、ブリカツ、マトウダイムニエル、ウスバハギ水炊き他でした。

令和4月1月12日 大漁、無病息災祈祷祭
 
新年に変わり、2年ぶりに会員の大漁、航海安全、無病息災と家内安全のため、海神神社と寿福院において祈祷を行いました。

令和3年11月21日、28日 アイランダー2021
 市から依頼を受け、2日間の活動を全国に対してオンライン配信しました。
 21日:魚食普及と消費拡大を目指して、お魚捌きを実演。
     5kg級の天然ブリ、ヒラス、マダイをお造りにしました。
 28日:対馬やまねこ空港フェアを宣伝。

令和3月12月14日 水産教室 上対馬高校
 
対馬特産のアマダイやマグロ、ヒラス、ヤズの美味しさを広め、その調理法を普及するために開催。
 生徒たちは、とっても和気あいあいと楽しく実習しました。

令和3年11月26日~28日 対馬やまねこ空港フェア
 
対馬の特産品を紹介、販売するため、本会と青年農業者連絡協議会との共催で開催。
 アカムツ開き、アマダイ開き、アナゴ開きと言った高級特産品から、ヒオウギ冷凍、マグロモツ等のレアー商品を揃えました。
​ 空港利用客様から、好評を頂きました。

令和3年11月16日 離島地区漁業士会議
 
離島地区が抱える水産業の課題を意見交換するため、2年ぶりに開催されました。お世話係は新上五島町で、川口上五島地区会長他、多くの方にお世話になりました。

令和3年9月27日 ながさき水産業大賞
 串崎漁業士は高い漁労技術を称えられて県知事賞を受賞。

令和3年7月8日 学習会
 「漁業制度改正に伴う新資源管理手法」
○場所 長崎県対馬振興局 別館4階
○講師 総合水産試験場海洋資源科 北原科長
○演題
 ・我国の漁業生産量の減少に直面し、資源水準の維持が求められている。
 ・特に乱獲に近い魚種の回復は、TAC導入を進めて最大持続生産量を達成する手法が有効。漁獲規制の方法は多様にあるが、資源評価対象種を増やすしかない。
 ・本年度、本県が関与する魚種は5つ増えるが、管理方策が問題となる。

 串崎漁業士の函立て。

123.jpg